gate-sys-conf(5)

Date: $Date: 2012/10/25 01:32:08 $
Source: gate-toroku-system

名前

gate-sys-conf - gate-toroku-system 設定ファイル

ファイル

/etc/gate/gate-sys.conf

説明

gate-sys.conf ファイルは gate-toroku-system(1) のインストールに必要な情報の設定を行います。 設定ファイルの 1 つでユーザーモード、IP モードに共通な設定を 行います。 gate.conf により読み込まれます。 gate.conf については gate-conf(5) を参照してください。

gate-sys.conf ファイルは perl(1) プログラムであり、主に文字列定数の代入文から成り立っています。

gate-common.pl と gate-local.pl を読み込みます。

以下では gate-sys.conf ファイルで設定されるべき変数について、 それがどのような効果をもつか逐次解説します。

変数

$DEBUG_CONFIG
この変数はプログラムのテスト用に存在するものです。通常運用ではこの変数を 偽にしてください。この変数を真にすると、。 BR gate-daily (8) によって起動さ れるプログラム群の出力先が /etc から /ETC に変更され、ホームディレクトリ の作成場所が /home から /HOME に変更されます。正式運用モード (本気モード ) かテストモードかを設定します。テストモードの場合、ユーザーデーターベース は作成されるが実際にユーザーアカウントは作成されない。正式運用モードでイ ンストールする場合は 0 を、テストモードでインストールする場合は 1 を設定 します。

ただし、現在の gate-toroku-system ではデバッグモードと正式運用モードの 切り替えを行うために、一度 gate-toroku-system をビルドしなおす必要があ ります。gate-sys.conf を書き換えるだけではダメなことに注意してください。

$USE_DAEMON
この変数は通常真にしておいてください。 gate-syncd(8) が実装される前の古い gate-toroku-system では データベースのシステムへの反映は gate-daily(8) を定期的に起動することによって行われていました。 $USE_DAEMON を偽にすると古い版の動作になります。 この場合 gate-daily(8)/etc/crontab を編集してクロンに起動させるという方法があります。 ユーザーアカウントの作成をデーモンモードで行うかクロンモードで行うかを 設定します。デーモンモードの場合、ユーザー認証が行われたらすぐにユーザー アカウント作成デーモンを起動しアカウントの作成を行います。クロンモードでは crontab にユーザーアカウント作成スクリプトを設定しておきます。クロンモード では crontab に設定された時刻にならなければアカウント作成はおこなわれ ません。 1 がデーモンモード、 0 がクロンモードです。

$IP_MODE
DNS 管理を行うかどうかのスイッチです。DNS 管理を行う場合は真(1)に, 行わない 場合は偽(0)にしてください。

$USER_MODE
ユーザアカウント管理を行うかどうかのスイッチです。ユーザ管理を行う場合は 真(1)に, 行わない場合は偽(0)にしてください。

$GATE
データベースの所有者となるユーザ, グループ名を指定します。 ユーザ名とグループ名は同一でなければなりません。 gate system を実行するユーザ・グループを設定します。

$GATEHOME
Gate のホームディレクトリ. このディレクトリの直下に .quota が置かれます。

$DB_BASE
ユーザデータベース (gate-user-db(5) を参照してください) を格納するディレクトリの絶対パスです。

$DB_PENDING

$DB_STABLE

$DB_DEFUNCT
ユーザデータベースのそれぞれ保留領域、承認済み領域、抹消済み領域を 指定します。通常は $DB_BASE の編集にとどめ、 これらの変数を直接変更しないでください。

$DB_IP_BASE
DNS データベースを格納するディレクトリの絶対パスです。

$DB_IP_PENDING

$DB_IP_STABLE

$DB_IP_DEFUNCT

$DB_IP_ZONE

$TMPDIR

$TESTDIR

$ETCDIR
group, passwd, shadow, sudoers の各ファイルが格納されているディレクトリ名です。 通常は /etc になります。

$VAR_NAMED_DIR
DNS のゾーンファイルを格納するディレクトリです。

$PASSWD_FILE
パスワードファイルです。
$CRYPT_TYPE
暗号化方式を選択します。'des' と 'md5' を選択可能です。 デフォルトは 'des' となっています。

$SHADOW_FILE
暗号化されたパスワードファイルです。

$GROUP_FILE
ユーザグループのファイルです。

$DOT_FILES
いわゆるドットファイルのスケルトンファイル(ひな型)を格納するディレクトリです。

$MAKE_HOME
一般ユーザのホームディレクトリを置くディレクトリ名です。

$MAKE_HOME_INCORP
法人ユーザ(グループアカウント)のホームディレクトリを置くディレクトリ名です。

$PERL
perl のフルパスです。

$BASEDIR
以下の3つ ($BINDIR, $SBINDIR, $LIBDIR) の指定を一括して変えることができます。

$BINDIR
デフォルト値は $BASEDIR/bin です。 ユーザが起動するプログラムをインストールするディレクトリです。

$SBINDIR
システム管理者が起動するプログラムをインストールするディレクトリです。 デフォルト値は $BASEDIR/sbin になります。

$LIBDIR
プログラム以外のファイルをインストールするディレクトリ。 デフォルト値は $BASEDIR/lib になります。

$GATEDIR
gate-toroku-system について解説する HTML ファイル置場です。

$CGIBINDIR
CGI プログラムをインストールするディレクトリです。

$GATECONFDIR
GATE システムの設定ファイル置場となるディレクトリです。

参照

gate-conf(5), crontab(5), services(5), gate-daily(8), gate-syncd(8)

バグ

perl の文法を知らない人には難解かもしれません。

変更しないほうがよいものまで変更できるようになっています。

gate-toroku-system(1) のアップデートによって新しい gate.conf を書かねばならない ことがあります。 バージョン番号を検知するメカニズムがあるべきです。


HTML generated using htroff at 14 November 2018 16:42:25.