gate-syncd(8)

Date: $Date: 2012/10/25 01:32:08 $
Source: gate-toroku-system

名前

gate-syncd - データベースのシステムへの反映のタイミングを知る

書式

gate-sync.d

説明

gate-sync.d (gate-toroku-system synchronize daemon) は gate-toroku-system がデータベースをシステムに反映させる時期を知るためのデーモンである。 gate-sync.d は TCP ポート $GATEPORT を開いて接続を待ち、 (通常 gate-toroku-system のクライアントプログラムから) 接続が確立すると gate-daily(8) を起動し、その標準出力と標準エラー出力を送信する。 受信するデータは何もない。

Debian GNU/Linux システムにおいては gate-sync.d はブート時に /etc/rcrun-revel.d から起動される。また /etc/init.d/gate start とするとリブートすることなしに gate-sync.d を起動することができる。 gate-sync.d の挙動は logger(1) によって syslog に記録される。

設定

gate-sync.d /etc/gate.conf で定義される以下の変数によって挙動を変える。 これらの値はデータファイルを 共有するサーバ群内で同一でなければならない。

$USE_DAEMON の値が偽である場合 gate-sync.d は起動時に何もせずに終了する。

$GATEPORT の値によって開くポート番号が定まる。

参照

gate-toroku-system(1), gate-daily(8), logger(1)
HTML generated using htroff at 14 November 2018 16:42:26.