[ITPASS2018]サーバ交換作業 (WWW)

phase 5 (tako, ika の交換: 設定ファイルの変更)

編集の際は元のファイルを hoge_old としてバックアップを取る.

  • ika と tako のホスト名を交換 (新 ika には ika, 新 tako には takoと書く)
    • www 班が編集するファイル
      • /etc/hostname
      • /etc/hosts
        • 例外 : 新 ika には tako, 新 tako には ika と書く
      • /etc/mailname
      • /etc/gate/gate.conf
      • /etc/exim4/update-exim4.conf.conf
      • /etc/init.d/qmail
        • このファイルのバックアップは作らないことに注意する
    • 上記の場所以外にも古い名前が残っていないか

      # grep tako (または ika) /etc/*
      # grep tako (または ika) /etc/*/*

      などで検索しながら作業する. 検索すると, ディレクトリですとメッセージが大量に出るので /* を増やして検索する.

    • ssh の公開鍵は消去されるので, そのままにしておく.
  • ika と tako の IP アドレスを変更

    /etc/hosts と /etc/network/interfaces 内の IP アドレスを入れ替える.
    
    # emacs /etc/hosts
    • tako にある /hosts の中身のアドレスは 133.30.109.21 にする
    • ika にある /hosts の中身のアドレスは 133.30.109.22 にする
    # emacs /etc/network/interfaces
    • tako にある /interfaces の中身のアドレスは 133.30.109.22 にする
      • ローカルホストのアドレスは10/35/19.150 にする
    • ika にある /interfaces の中身のアドレスは 133.30.109.21 にする

  * ローカルホストのアドレスは10/35/19.151 にする

  • dns-nameserversの項目 は ika, tako いずれも 133.30.109.22 とする.

phase 7 (サービスの設定変更)

ika の WWW などの設定変更 (担当: 新 WWW 班)

  • [TEBIKI]サービスの開始・停止 を参考に, 以下のサービスが永続的に立ち上がるように設定する

    • apache2
    • openbsd-inetd
    $ sudo cd /etc/init.d
    $ sudo systemctl enable apache2.service
    $ sudo insserv -d openbsd-inetd
    • qmail のバックアップを残していると, エラーメッセージが表示される
      • qmail_old を消去する
    $ sudo chmod 755 openbsd-inetd

phase 9 (再起動後の動作確認)

サービスの起動確認

ps aux コマンドで以下の確認作業を行う. 
  • ika
    • httpdが起動していることを確認.
  • tako
    • httpdが起動していないことを確認.

サービスの動作確認

ika
  • ssh: root ログインが禁止されているか
  • http: ブラウザで https://ika-itpass.scitec.kobe-u.ac.jp/ にアクセスし, 各ページが正常に表示できるか
    • 表示できないページがある場合は, /usr/local/apache2/conf/httpd.conf にそのページの領域の行があるか確認する. もしなければ, 書き加える.
      • なかった
  • hiki:に書き込めるか
  • ssh のテスト
    • 他の情報実験機から存在しないユーザー名でログイン失敗し, ログで ban されているか

      # lv /var/log/fail2ban.log

2017-12-05 15:10:41,083 fail2ban.actions [803]: NOTICE [ssh] Ban 133.30.109.78

tako
  • ssh: root ログインが禁止されているか
  • http: が無効になっているか

Let's encrypt による証明書の設定

Let's Encrypt 総合ポータル (https://letsencrypt.jp/) の Let's Encrypt の使い方 (https://letsencrypt.jp/usage/) に従って作業する.

作業用ディレクトリの作成

作業ディレクトリを作成する.

$ sudo -s
# cd /usr/local/src
# mkdir certbot
# cd certbot

certbot のダウンロード

Let's Encrypt では, Debian 用に certbot のパッケージが用意 されている. しかし, このパッケージは apache2 の Debian パッ ケージに依存しているため, apache をソースから手動で make している itpass サーバでは使えない. そのため, https://certbot.eff.org/ から, 下のようにして certbot をダウンロードしてインストールする.

"Software" に apache を選択.
"System" に "Other UNIX" を選択.

当該ページの説明に従って, 下のように作業する.

# wget https://dl.eff.org/certbot-auto
# chmod a+x certbot-auto

証明書の発行

ダウンロードした certbot-auto を使って itpass.scitec.kobe-u.ac.jp 用の 証明書を発行する.

# ./certbot-auto --webroot certonly \
  --email itpadmin@itpass.scitec.kobe-u.ac.jp \
  --webroot-path /home/itpass/public_html \
  -d itpass.scitec.kobe-u.ac.jp

なお, certbot-auto のオプションの意味は下の通り.

  • --webroot 既に動作中のウェブサーバ上で, ウェブサーバを停止せずに証明書を発行する.
  • certonly apache の設定ファイルを自動で書き換えずに証明書を取得するのみ. 証明書は /etc/letsencrypt に置かれる.
  • --webroot-path RootPath の設定
  • --email 初回実行時にメールアドレスを尋ねられなくするためのオプション. つけなくて良かったような気がする.

同様に, epa.scitec.kobe-u.ac.jp, aoe.scitec.kobe-u.ac.jp 用の証明書を発行する.

# ./certbot-auto --webroot certonly \
  --email itpadmin@itpass.scitec.kobe-u.ac.jp \
  --webroot-path /home/epalab/public_html \
  -d epa.scitec.kobe-u.ac.jp
# ./certbot-auto --webroot certonly \
  --email itpadmin@itpass.scitec.kobe-u.ac.jp \
  --webroot-path /home/aoelab/public_html \
  -d aoe.scitec.kobe-u.ac.jp

apache への証明書の設定

/usr/local/apache2/conf/extra/httpd-ssl.conf を編集して発行した証明書を設定する.

# vi /usr/local/apache2/conf/extra/httpd-ssl.conf

編集箇所は下の通り.

ServerName itpass.scitec.kobe-u.ac.jp:443 の項目内で下のように書き換える.

SSLCertificateFile "/etc/letsencrypt/live/itpass.scitec.kobe-u.ac.jp/fullchain.pem"
SSLCertificateKeyFile "/etc/letsencrypt/live/itpass.scitec.kobe-u.ac.jp/privkey.pem"

ServerName aoe.scitec.kobe-u.ac.jp:442 の項目内で下のように書き換える.

SSLCertificateFile "/etc/letsencrypt/live/aoe.scitec.kobe-u.ac.jp/fullchain.pem"
SSLCertificateKeyFile "/etc/letsencrypt/live/aoe.scitec.kobe-u.ac.jp/privkey.pem"

ServerName epa.scitec.kobe-u.ac.jp:443 の項目内で下のように書き換える.

SSLCertificateFile "/etc/letsencrypt/live/epa.scitec.kobe-u.ac.jp/fullchain.pem"
SSLCertificateKeyFile "/etc/letsencrypt/live/epa.scitec.kobe-u.ac.jp/privkey.pem"

証明書更新のテスト

Let's encrypt の証明書の有効期限は 90 日である. このため, certbot-auto には簡単に証明書を更新する方法が存在する. その方法を設定する.

まずは下のようにして更新をテストする.

# ./certbot-auto renew --dry-run

これを定期的に実行するために cron のためのスクリプトを設定する. 下の内容の /etc/cron.local/daily/240_letsencrypt_renew を作成する.

#!/bin/sh
#
#= Renew certificate
#
MAINTAINERS="Yoshiyuki O. Takahashi"
UPDATE='2018-04-25'
VERSION='1.0'
REFERENCES='none'

COMMAND='/usr/local/src/certbot/certbot-auto'
DRYRUN='--dry-run'
DRYRUN=''

/bin/echo -e "**** Renew certificate ****"
$COMMAND renew $DRYRUN 2>&1
/bin/echo -e ""

実行権限を与えた.

下のように動作テストを行い, 問題なく動作することを確認した. (ただし, この時点では証明書が新しいため更新されなかった.)

# /etc/cron.local/daily/240_letsencrypt_renew

動作チェック

  • apache を停止

    # /usr/local/apache2/bin/apachectl -k graceful-stop
    • 停止したかどうかを確認する.
  • apache を起動
    • apache は /usr/local/apache2/bin/apachectl で起動/停止する

      # /usr/local/apache2/bin/apachectl -k start
    • 起動したかどうかを以下のコマンドで確認する.

      # ps aux | grep http

      画面左端に www-data と表示されている行があることを確認する.

  • ブラウザで https://itpass.scitec.kobe-u.ac.jp にアクセスし, ページを正常に見ることができることを確認する.
Last modified:2018/12/26 21:08:22
Keyword(s):
References:[[ITPASS2018]2018年度サーバ構築マニュアル]