[TEBIKI]HDD の初期不良チェック

ここでは, HDD の初期不良チェックの方法を述べる.

[計算機とネットワークの手引集へ戻る]

概要

チェックする HDD を適当なマシンに入れ, dd コマンドにより読み出し/書き込みのテストを行う.

準備

用意するもの

  • チェックする HDD
  • SATA ケーブル

ハードウェアセットアップ

チェックする HDD を適当なマシンに入れる.

また, df コマンドや dmesg コマンドを用いて HDD を表すデバイスファイル名を確認しておく.

読みだし/書き込みテスト

読みだし/書き込みのテストには dd コマンドを使う. 次のようなシェルスクリプトを使い, 読み出しテスト, 書き込みテストを続けて実行すればよい.

----ここから----
#!/bin/bash

FILE=/dev/hoge

dd if=$FILE of=/dev/null
dd if=/dev/zero of=$FILE
----ここまで----

これを diskiochk.sh などとして保存し,

# chmod u+x diskiochk.sh


# nohup ./diskiochk.sh &

として出力結果を nohup.out に出力する.

上記のシェルスクリプトの中身については以下の通りである.

まず, HDD の全ての領域からデータを読み出して, エラーが出ないかどうか調べる. 例えば, HDD を表すデバイスファイル名が /dev/hoge だった場合, 次のコマンドを実行する.

# dd if=/dev/hoge of=/dev/null

null は, 入力したデータを全て捨てるデバイスファイルである.

書き込みのテストには,

# dd if=/dev/zero of=/dev/hoge

とする. zeroは, 読み出すとゼロを返すデバイスファイルである.

出力結果

エラーなく結果が出力されていることを確認する.

以下はその出力結果の一例である.

----ここから----
19077+1 records in
19077+1 records out
2000398934016 bytes (2.0 TB) copied, 16338.9 s, 122 MB/s
dd: writing `/dev/hoge': デバイスに空き領域がありません
19078+0 records in
19077+0 records out
2000398934016 bytes (2.0 TB) copied, 16364.6 s, 122 MB/s
----ここまで----

[計算機とネットワークの手引集へ戻る]

Last modified:2014/10/03 19:31:48
Keyword(s):
References:[計算機とネットワークの手引集] [ITPASSサーバ構築・運用ドキュメント]