[Exp2020]データと可視化 遠隔ログインして実習を行う際の注意

スケジュール表・各回資料 (09/30)

可視化の実習では, 図を表示するために新たにウィンドウが開きます. 自宅など遠隔ログインして実習・作業を行う場合には, 新たにウィンドウが開く設定が必要です.

詳細は,

を参照してください.

また, 自宅などの遠隔地からログインして実習・作業を行う際には,

[遠隔地] == ssh ログイン(1) ==> [ITPASS サーバ] == ssh ログイン(2) ==> [情報実験機]

のように ssh を 2 回使うこともあるでしょう.

このとき, 「ssh ログイン」では, -X オプションを付けることを忘れないようにしましょう. -X オプションは, ウィンドウを飛ばすことを許容するためのオプションです. これを付け忘れると, 情報実験機から遠隔地にウィンドウを飛ばすことができませんので注意しましょう.

なお, 遠隔地での図の表示は「重い」処理の為, 時間がかかることがあります. すぐに応答がない場合でも正常動作していることがありますので, 慌てずに辛抱強くやりましょう.

Last modified:2020/04/20 07:33:43
Keyword(s):
References:[[Exp2020]スケジュール表・各回資料]